初めて大収穫できたビワ

 今年は、どこの家の庭でもビワが豊作のようです。我が家の3本のビワの木も初めての大収穫。しかし、この大量のビワをどうしたものだろう?

 現代の便利帳インターネットを検索してみると、簡単な皮のむき方や、さまざまなレシピがあり、早速、シロップ漬けを作ってみました。

 ビワは皮が付いたまま縦半分に切り目を入れて、アボカドのようにひねって分けます。そうすると皮と種が簡単に取り外せました。水に砂糖を煮溶かしてビワを10分ほど煮て出来上がり。瓶に詰めて冷蔵庫で保管すれば長く楽しめるそうです。黄桃の缶詰みたいな感じで、子どもたちも喜んで食べています。

 ビワは効能の高い植物として民間療法でよく用いられます。わが家でも葉っぱを焼酎に漬けてビワエキスを作ります。夏は実に栄養を吸収されているので、葉っぱよりも種を漬けるといいそうです。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加