わたしたち元気印

■コミカルに伝説演じる

 佐賀県徐福観光振興会(澤野隆会長)は、佐賀に息づく「徐福伝説」を、もっとたくさんの人に知ってもらおうと活動している。

 その一つに有志の劇団「徐福さん一座」(座員6名)の楽しい寸劇がある。上無津呂公民館での公演に向けてのけいこを取材した。徐福が2200年前、秦の始皇帝から不老長寿の薬を探すように命じられるところから始まり、佐賀でお辰との恋物語や種々のテーマをコミカルに演じられる。

 脚本は、座員のいけうちしんさんが手掛け、徐福役もこなしている。会長の澤野さんは、始皇帝役と渡来伝説などの解説役を買って出ている。宮廷のきらびやかな衣装も、座員の岩崎香代子さんが1着買い、あとは見よう見まねで、小物とともに工夫し手作りしている。

 施設や公民館などに出向き、寸劇と共に徐福さんクイズや徐福健康体操なども行っている。

 徐福ゆかりの地めぐりなども計画されている。連絡先は澤野さん、電話090(3325)8355へ。(地域リポーター・上原和恵=佐賀市)

【写真】「徐福さん一座」のけいこ風景

このエントリーをはてなブックマークに追加