五輪レスリング伊調が4連覇

 【リオデジャネイロ共同】リオデジャネイロ五輪第13日の17日、レスリング女子58キロ級の伊調馨(32)=ALSOK=が、決勝でワレリア・コブロワゾロボワ(ロシア)に勝ち、金メダルを獲得した。階級区分変更前の63キロ級を含めて、女子が実施種目になった2004年アテネ五輪からの4連覇は、五輪全競技を通じて女子個人種目で初の偉業になった。

 18日には女子53キロ級で、吉田沙保里(33)が伊調と同じ4大会連続優勝を目指す。

 伊調は世界選手権も10度制覇。今大会は初戦から危なげなく勝ち上がった。決勝では、コブロワゾロボワを終盤に逆転、女王の座を守った。

【電子号外】レスリング伊調が4連覇

このエントリーをはてなブックマークに追加