乗用車(左)を事故車両に見立てて、車線を規制する訓練をする消防隊員=佐賀市大和町の佐賀高速道路事務所

 高速道路で事故や災害が発生した場合に備えた合同訓練が22日、佐賀市大和町の佐賀高速道路事務所であった。佐賀広域消防局や県警高速隊、西日本高速道路の関係者約50名が参加し、道路規制の手順などを再確認した。

 長崎自動車道で乗用車が単独で事故を起こし、走行車線に停止した状況を想定した。消防隊員は、事故車両が停止している車線を規制し、追い越し車線に後続車を誘導した。安全を確保した後、車内に取り残された運転手を救出した。

 訓練後、西日本高速道路の担当者が、後続車を誘導する際の旗の振り方やカラーコーンの配置場所などをアドバイスした。

 西岡和久北部消防署副署長は「高速道路での事故対応は安全確保が優先。二次的な被害の防止に努めつつ、迅速な救助を目指したい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加