佐賀市の昭栄中学校で、女子生徒が食べた給食のみそ汁に乾燥剤の「シリカゲル」が混入していた問題で、同校は22日、全校集会を開き、原因を特定できていない現状を説明した。

 生徒約540人が参加し、堤賢二校長が「学校と給食センターの両方を調べているが、混入経路は分かっていない」と説明した。その上で「不安をあおるような、軽はずみな悪ふざけをしないようにしてほしい」と注意を促した。

 同校によると、女子生徒は現在も体調が優れず、食欲が落ちる影響が出ているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加