■工事長期化、負担金要因 佐賀県内で土砂災害の危険があり対策が必要な急傾斜地のうち崩落防止を整備した割合が35%にとどまることが、県のまとめで分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加