鳥栖-仙台 後半45分、相手ゴール前へ攻め込む鳥栖FW豊田(右)=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 一番の反省点は、先制しながら追加点が取れなかったこと。シュートは打てたし、チャンスもあった。あとは決めきるところだけだが、うまくいかなかった。

 原川選手の先制点は、シュートの意識が高かったことに加え、枠に入れようと抑えて蹴ったことで得点につながった。

 守りに関しては、相手の前線の3人へのマークがはっきりせず対応が遅れたり、DFライン前のところで少しやられる場面もあったが、最後のところは慌てず守ることができていた。そんな中でセットプレーからの失点はもったいなかった。

 浦和は仙台と同じ3バック。後ろのボールの回し方に違いはあるが、守り方については似ている部分もあると思う。より個々の力が強くなるので、選手間で連係し、リスク管理することが大切になる。

このエントリーをはてなブックマークに追加