特設ステージの催しなどで盛り上がった40周年記念夏祭り=基山町の第11区公民館

 基山町高島団地の公民館で、行政区としての独立40周年を祝う催しがあった。バナナのたたき売りやフラダンスなど、住民の特技を生かしたアトラクションを楽しみ、より一層絆を強くした。

 高島団地は町の南部に位置し、1976年に第1弾が完成。それと共に、長野地区から独立した。現在は650世帯1600人が暮らしている。

 祭りでは、公民館裏に縁日や特設ステージなどを設け、子どもからお年寄りまでが交流した。最後は炭坑節ときやま音頭の総踊りで締めくくった。中嶋克彦区長(70)は「住民の触れ合いの場をつくり、これからも心豊かな街づくりに取り組んでいきたい」と話していた。

このエントリーをはてなブックマークに追加