大人と一緒に餅つきに挑戦する子どもたち=佐賀市久保田町の久保田幼稚園くぼたれんげ保育園

 佐賀市久保田町の久保田幼稚園くぼたれんげ保育園と久保田保育園で14日、町内で生産されたモチ米を使った餅つきがあった。園児たちに地元の良さを知ってもらおうと、同町まちづくり協議会が主催。園児らは、会のメンバーらに教わりながら餅をつきあげた。

 久保田幼稚園くぼたれんげ保育園では、園児129人が参加。「よいしょ、よいしょ。ぺったん、ぺったん」と元気に声を掛け合いながらきねを振るい、15キロの餅をつきあげた。出来上がった餅は給食で雑煮などにして食べるため、園児らが小分けにして形を整えた。

 初めて餅つきをしたという増田陽飛ちゃん(4)は、「(きねは)重かったけど、餅つきは楽しかった」と話し、同園の石丸公大園長(34)は「家で餅をつく機会が減っているので、催しを通して季節の移ろいを感じてもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加