農産物の長距離輸送への活用を見据え、佐賀市富士町の「炭化」(入江康雄社長)が開発した鮮度保持剤が、国際協力機構(JICA)がベトナムで行う委託支援事業に採択された。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加