山口祥義知事に写真集を見せるやまぐちゆかさん=佐賀県庁

 妊婦を撮影した写真集『101人の妊婦裸写』を発行したやまぐちゆかさん(39)=佐賀市=が17日、山口祥義知事を訪問し写真集を贈った。写真集を見た山口知事は「(やまぐちさんは)この写真集を作るために生まれてきた人みたい」と関心を寄せた。

 長女を死産したことがきっかけで妊婦の写真を撮るようになったやまぐちさんに、山口知事は流産や死産を経験し苦しむ人について「周囲はどんなサポートができるだろうか」と尋ねた。やまぐちさんは「私の場合は、回りに自分の気持ちを話せないことがつらかった。『話せるタイミングがきたら話してね』と声を掛けることも、サポートの一つ」と話した。

 また、やまぐちさんは職場や家庭で妊娠中のつらさを我慢してしまう女性が多いことに触れた。山口知事は「女性が『生んでいいのかな?』と感じてしまうことは、社会にとって大きな損失。妊娠は社会全体で祝福すべき」と話していた。

 写真集は2200円(税別)。県内の主要な書店で販売中。問い合わせは佐賀新聞プランニング、電話0952(28)2152。

このエントリーをはてなブックマークに追加