石川県の谷本正憲知事が21日に金沢市内のホテルで開かれた県町長会の総会で、北朝鮮の相次ぐミサイル発射を巡り、「兵糧攻めで北朝鮮国民を餓死させなければならない」と発言したことが、総会出席者への取材で分かった。知事は22日に発言を撤回、同日午後の県議会でも釈明した。

 発言は、北朝鮮のミサイル発射を想定し、県が年内をめどに予定している訓練に絡み、町長の一人から「(県内にある)北陸電力志賀原発が狙われたら」と問われ、出たという。

 谷本知事は22日に県庁で記者団の取材に応じ、制裁は「実効性のあるものにしなければならない」と強調。「北朝鮮の国民に影響が及ぶ可能性があるが、内部から体制が崩壊していくような状況をつくることが必要だ」と訴える一方、「餓死」発言は「人命は尊重されなければならない」として撤回した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加