インターネット上で物品を売買するフリーマーケットアプリ運営のメルカリ(東京)は22日、ウェブ版のホームページで顧客の住所や銀行口座などの個人情報が一時、他人に見える状態になっていた、と公表した。個人情報を他人に見られた可能性があるのは日本と米国の顧客計5万4180人。現時点で被害の報告はないという。

 22日午後3時ごろまでの約5時間半にわたって、ウェブ版の個人情報を登録したページを表示すると他人の名前やメールアドレス、銀行口座、クレジットカードの下4桁と有効期限などが見える状態だった。スマートフォン版アプリを利用している顧客には影響はないとしている。

 社内の技術者がシステムを変更した際に誤って作業したのが原因という。顧客からの問い合わせで気づき、修正した。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加