武雄市の総額は249億6175万円で、過去最高だった前年度当初と比べて0・7%減となった。

 重点政策に雇用、福祉、子育てを挙げ、新規就農者を育成するためのキュウリの研修用ハウス3棟の建設費1億1680万円、小児時間外診療の365日体制確立のために火、水曜に診療を行う費用2478万円、市図書館に新しい学習コーナーを設ける改修工事費1841万円などを計上している。小学校普通教室のエアコン整備にも着手、18年度の整備に向け設計業務を委託する。

 歳入は、市税が前年度当初比2・4%増の54億34467万円、ふるさと納税は2億円を見込む。自主財源比率は2・3ポイント減の34・4%。地方交付税は4・6%減の63億円、国庫支出金は9・3%減の8億6322万円。

 市債発行額は38億4720万円で、市債依存度は15・4%。17年度末残高は291億1195万円を見込む。

このエントリーをはてなブックマークに追加