アイフォーンに高級モデル

アイフォーンに高級モデル

 【クパチーノ(米カリフォルニア州)共同=吉無田修】米アップルは12日、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新型を発表した。スマホの前面のほぼ全てを画面にした高級機種「10(テン)」と、従来機種の後継となる「8」、「8プラス」を発売する。新社屋のスティーブ・ジョブズ・シアターで発表会を開いた。高級路線を進め、韓国サムスン電子や中国メーカーといったスマホ市場の競合他社に対抗する。

 「10」はアイフォーン発売10年の記念モデルで、日本での価格は11万2800円(税別)から。日米などで10月27日から予約を受け付け、11月3日に発売する。無線充電機能を備える。「8」と「8プラス」は今月15日から予約を受け付け、22日に売り出す。

 「10」はアイフォーンで初めて画面に有機ELを採用した。これまで端末の下部にあった基本画面に戻るホームボタンをなくし、画面サイズを5・8インチと大型化した。

 顔認証技術による画面のロック解除機能も装備。現実の光景に架空の物体を重ねて映し出す「拡張現実(AR)」への対応を強化した。

 無線充電機能を備え、AR対応を強化した「8」は7万8800円(税別)から。画面サイズが「8」より大きい「8プラス」は8万9800円(同)から。

 また、携帯電話回線に接続できる腕時計型端末「アップルウオッチ」の新機種「シリーズ3」も発表した。アイフォーンなどを経由しなくてもアップルウオッチ単体で電話やメールの受信ができる。今月15日から注文を受け付け、22日に発売する。携帯電話回線接続モデルは4万5800円(同)から。

 アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は12日の発表会で「アイフォーン10は未来のスマートフォンだ」とアピールした。

このエントリーをはてなブックマークに追加