重賞を初制覇したグレイスフルリープ=鳥栖市の佐賀競馬

 中央競馬と地方競馬の交流重賞レース「第16回サマーチャンピオン」(Jpn(3)、1400メートル、1着賞金2100万円)が18日、鳥栖市の佐賀競馬であり、JRA所属の小牧太騎手騎乗の1番人気グレイスフルリープが1分25秒7で優勝した。グレイスフルリープは重賞初制覇。

 サラブレッド系3歳以上の12頭(JRA5、佐賀5、高知2)が出走。グレイスフルリープがスタート直後から飛び出し、危なげなく逃げ切って優勝。ワンダーコロアール(JRA)が4馬身差の2着に入り、川田将雅騎手=JRA所属、鳥栖市出身=のタガノトネール(JRA)が4分の3馬身差で3着だった。

 11年ぶり3度目のサマーチャンピオン制覇となった小牧騎手は「いいセンスを持っている馬で重賞を勝たせてあげたいと思っていた。佐賀で勝ててうれしい」と話した。払戻金は単勝180円、三連単1140円。

このエントリーをはてなブックマークに追加