左手奥にみえるのが勝尾城、右手の雑木山が若山砦

 四阿屋(あずまや)川を上っていくと左右両方から険しい山が迫ってきます。まず右手に、城山(勝尾城)の前で立ちはだかるような位置にそびえたつ小山が見えます。

 「若山砦」と呼ばれていますが文献資料ではこの城名は出てきません。『筑紫家覚書』などには、近い城名として「谷山ノ城」があり、金谷讃岐・左衛門がいたと書いてあります。

 さらに上ると今度は左手、高取城のさらに上に「鬼ケ城」と呼ばれる険しい山を見ます。筑紫館(現筑紫神社)の川を挟んだ前面に当たり、上ってきた敵を挟み討ちできる場所です。

 地元の伝承で「鬼ケ城」と呼ばれているだけで、ここも文献に城名は出てきません。鬼は強い、怖いというイメージから、館を守り本城を守る最後の砦としてこのような城名が残ったと思われます。(鳥栖郷土研究会会長・藤瀬禎博)

このエントリーをはてなブックマークに追加