佐賀西ライオンズクラブ(鶴田貴久会長)は22日、佐賀市のアバンセでチャリティー映画上映会を開いた。入場料500円で約120人が来場した。益金は、運営費を差し引いて益金「いのちの電話」に寄付する。

 ベストセラーのエッセーが原作の「はなちゃんのみそ汁」を上映した。食べることを通じて命の大切さを伝える映画で、広末涼子さんらが出演している。同クラブは、上映会開催のため協賛社を募った。

 鶴田会長は「命の大切さや継承について考えてもらえれば」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加