女子1回戦・唐津東-大分東明 大将戦で果敢に攻め込む唐津東の江頭佑希乃=県総合体育館

 最小人数の3人で大会に臨んだ女子の唐津東。前田陽平監督に「少数精鋭部隊だと思って頑張ってこい」と背中を押され、2人続けて相手に一本も許さず勝利したが、二つの不戦敗のハンディもあり、初戦で敗れた。

 3年生が引退し、初めて3人で出場。一つの負けが命取りになるとあって、試合前は足が震えるほど緊張したという。

 しかし、いざ試合に入ると力強く戦った。2本のメンを決めた中堅の中山華は「メン打ちの練習の成果がでた」と笑顔。大将戦で果敢に相手を攻めながらも敗れた江頭佑希乃は「完全にやられた」と涙を流しつつ、「秋の新人戦でも個人だけでなく3人で団体も頑張りたい」と前を向いた。

 前田監督は「ひたむきで、地味な練習も手を抜かない。まだまだこれから」と3人の成長に期待した。

このエントリーをはてなブックマークに追加