台風18号、16日午後九州接近

 非常に強い台風18号は14日、沖縄・久米島の西北西の海上を北寄りに進んだ。次第に進路を東寄りに変え、16日午後、九州に接近、その後上陸し、中四国を横断する恐れもある。

 台風の北上に伴い、九州南部付近に停滞する前線の活動が活発になり、15日は宮崎県や鹿児島県、南西諸島で非常に激しい雨の降るところがある。

 台風18号は15日午前0時現在、久米島の西北西約270キロの海上を、ゆっくりとした速さで北に進んだ。中心気圧は935ヘクトパスカル。中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径200キロが暴風域。

このエントリーをはてなブックマークに追加