元祖石原まんじゅう(佐賀市嘉瀬町)の「肉まん」(140円)は、牛肉と豚肉、佐賀県産のタマネギとキャベツの甘みが口いっぱいに広がり、素朴な味わいで夏場でもよく売れる。長年愛用する小麦粉を使って生地から手作りし、気温や湿度によって発酵室で寝かせる時間などを調節。最後は蒸し器に15~20分かけて完成させ、冬場には店頭から立ち込める白い蒸気が嘉瀬小学校に通う小学生や道行く地元住民を温かく包み込む。

 肉まんなど全ての商品は「手作り」「無添加」にこだわり、初代・石原利松さんの理念「子どもからお年寄りまで誰もが食べられるものを」が受け継がれている。

 もともと店頭販売のみだったが、孫の鐘ヶ江亮了(あきのり)さん(28)が県内スーパーなど10カ所に卸売りし、昭和53年から38年間続く伝統の味を広めている。「売り方は変わっても味は変えない」と家族と試行錯誤して品質を保っている。

 ほか、「芋まんじゅう」や「たまごまんじゅう」(各140円)も人気。

▽佐賀市嘉瀬町大字中原1979-7

▽営業時間 10時半ごろから、売り切れ次第終了

▽木曜定休

▽電話 0952(29)3882

このエントリーをはてなブックマークに追加