北陵・中堅の深川瑛貴

佐賀北・主軸の中島拓朗

多久・鶴田大輝

唐津南・重蓮太

 第99回全国高校野球選手権佐賀大会が7月8日に開幕する。大会を前に甲子園出場を目指す41校を紹介する。(メンバー表は左からポジション、名前、学年、投打、身長、出身中学。◎は主将)

■北陵 緻密な戦術上位狙う

 故障者が復帰し、調子は上向き。豊富な練習量と緻密な戦術を融合させ、2002年以来の8強入りを見据える。

 長身の主戦・中島は直球と変化球を織り交ぜる。小玉、高森の二遊間が安定した守備で内野を支える。広い守備範囲で外野をけん引する中堅深川は俊足巧打の1番打者。パワーヒッターの4番實松ら中軸が勝負強さを発揮し、下位がつなぎ役に徹したい。

 吉丸監督は「いつも通りの力を発揮できれば面白い存在になれる」と選手に奮起を促す。

部長 松下 浩治

監督 吉丸  信

投 中島 聖輝 2 右右 181 城東

捕 陣内 愛也 3 右右 166 鍋島

一◎實松  泰 3 左左 173 川副

二 小玉 啓太 2 右右 167 海星

三 右近 龍成 3 右右 173 城北

遊 高森 謙伸 3 右右 175 成章

左 小山 柊太 3 右右 170 成章

中 深川 瑛貴 3 右左 174 成章

右 横田 龍星 3 右左 165 芦刈

  小川 昴輝 3 右左 174 東与賀

  吉武 尚人 2 右右 180 諸富

  樋渡 雅弘 2 右右 183 武雄北

  野田 勇人 3 右右 156 金泉

  幸山 優燿 3 右右 168 城北

  鬼橋  練 3 右右 171 城南

  成澤由多加 3 右右 167 基里

  田中悠太郎 3 右右 175 西渓

  清水 純希 3 右右 174 城東

  江口 璃希 3 左左 177 小城

  植松 琉晟 2 右右 171 城南

■佐賀北 堅守武器に全国照準

 昨秋、今春の県大会をいずれも制し、第1シードで挑む夏。百崎監督は「まずは守りからリズムをつくる」と、鍛え抜いた守備を武器に3年ぶりの甲子園を見据える。

 軸となるのは高い制球力を誇る中島拓。1年の夏から投げ、経験豊富で度胸もある。力をつけた小野佑も控え、2枚看板で臨む。捕手赤峰を中心に、二塁野田、遊撃西島らセンターラインの守備も重要になる。攻撃は、身長183センチと体格に恵まれ長打力がある4番古川に加え、野田、大坪らがチャンスをつくる。

部長 下山 勝也

監督 百崎 敏克

投 中島 拓朗 3 右右 160 三根

捕 赤峰 魁賢 3 右右 173 城南

一 兵動 拳士 3 右左 175 二日市

二 野田 洸希 3 右右 165 浜玉

三 古川 航輝 3 右左 183 昭栄

遊 西島幸太朗 2 右右 174 大和

左 大坪 謙太 3 左左 168 牛津

中 高岸 仁哉 2 右右 172 大和

右 原田 悠介 3 右右 162 三隈

  小野 佑月 2 右左 165 白石

  平方 啓太 2 右右 179 思斉館

  小野 颯真 1 右左 167 諸富

 ◎大串 郁人 3 右左 175 大和

  諸富公太朗 1 右右 167 鍋島

  坂口  巧 1 右右 172 白石

  岡村  響 2 右左 163 城西

  千速 誉大 3 右右 179 大和

  鬼丸  遥 2 右左 168 有田

  中島  航 3 右左 167 厳木

  赤木 政哉 3 右右 163 大浦

■多久 守備向上打撃も期待

 チームの軸は主戦・皆良田樹。5月上旬以降、他県の強豪校との練習試合で好投するなど、大きく成長した。1年の古賀が二塁に定着し、守備力も向上している。

 攻撃面は器用に打ち分ける田代、皆良田陵、皆良田樹ら主軸陣への期待が大きく、走力のある1、2番コンビの出塁がポイントとなる。勝負どころでは代打の打率が3割を超す鶴田大輝を投入する。

 安部監督は「勝ちを積み重ね、選手に自信をつけさせたい」と意気込む。

部長 木下 裕二

監督 安部 泰生

投 皆良田樹輝 2 右右 173 多久東部

捕◎田代  典 3 右右 165 多久中央

一 七浦  遥 2 右左 170 多久中央

二 古賀 渓太 1 右左 168 西渓

三 山崎 光騎 2 右右 170 多久東部

遊 久保 和樹 2 右右 174 多久中央

左 皆良田陵輝 2 右左 170 多久東部

中 大坪 俊介 3 右右 176 多久中央

右 松永 泰輝 2 右右 166 多久中央

  鶴田 大輝 3 右左 180 相知

  峰  佑樹 3 右右 166 小城

  鶴田 知久 3 右左 171 小城

  中園 勇太 3 右右 168 三日月

  田原 経大 3 右右 167 相知

  金嶽  澪 3 左左 173 相知

  松尾 裕太 3 左左 160 小城

  白木 佑弥 2 右右 168 西渓

  久米 来輝 2 右右 169 小城

  菊池 来哉 2 右右 166 多久中央

  野口 竜也 2 右右 173 多久中央

■唐津南 粘り強さで躍進期す

 主戦の重と捕手岡部、遊撃西方を中心に、確実にアウトを取れるようになってきた。「粘り強く守る野球」で躍進を期す。

 重は今年3月に投球フォームをサイドスローに変更してから制球力が上がった。緩急をうまく使って勝負し、1年のときから活躍してきた経験も強みになる。

 攻撃ではつなぐ意識を大切にする。「決定力に欠ける部分もあるが、バントやエンドランを駆使して点を積み重ねたい」と井手監督。初戦に向けて闘志を燃やす。

部長 小池 由恵

監督 井手 良法

投 重  蓮太 3 右右 167 浜玉

捕 岡部 智紘 2 右左 168 浜玉

一 中村 陽哉 2 右右 176 浜玉

二 藤田 英寿 2 右右 161 肥前

三 石井 椋也 3 右左 162 浜玉

遊◎西方 梨矩 3 右右 170 湊

左 青山 駿平 2 右右 168 唐津一

中 板谷 英龍 2 左左 168 鷹島

右 青山 拓海 3 右右 166 唐津一

  坂本 龍星 3 右左 159 海青

  川添 泰政 1 右右 163 高峰

  坂口健一朗 2 右右 170 海青

  加茂 海秀 1 右右 172 浜玉

  山下  陣 1 右右 175 浜玉

  重  蒼太 1 右右 162 浜玉

  宮崎 和貴 1 右右 166 佐志

このエントリーをはてなブックマークに追加