■言葉の大切さ考えて 古都村詠子は、本を読んだり窓(まど)の外を眺(なが)めたりすることが好きな、小学校5年生の女の子。そんな詠子のおばあちゃんは、「言葉屋」という仕事をしています。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加