広島 優勝セール

 ■マグロ解体ショーで盛り上げ

 12日の試合で優勝マジック4となったプロ野球・広島東洋カープのセ・リーグ連覇を祝おうと、緒方孝市監督のふるさと鳥栖市にある、ゆかりの鮮魚店「フィッシュ金梅(かねうめ)」(同市本通町)と酒店「十三屋(とみや)商店」(同市宿町)などが昨年に続き優勝記念セールを計画している。金梅は目玉イベントとして本マグロの解体ショーを準備している。

 優勝が決まった直後の日曜日に実施予定で、16日(土)までに決定すれば17日(日)に実施。17日に決まると18日(月・祝)を予定している。

 鮮魚店は緒方監督の父が経営していた魚介卸売・加工業「鳥栖魚市場」の直営店で、現在は監督の妹婿で鳥栖高野球部の後輩、内山洋さん(48)が4代目を務めている。酒店は監督の伯父、松隈幸佐(こうすけ)さん(76)が営んでいる。

 鮮魚店の記念セールは本マグロの解体ショーで盛り上げ、2連覇にちなんで旬のサンマ5尾を200円の特価で提供、2千円の福袋を20個限定で用意する。

 酒店はカープ優勝記念で限定発売されるウイスキーやカープのロゴの入った缶ビール、梅酒などをそろえる。

 内山さんと松隈さんは「今週は広島での試合が続くので、ぜひマツダスタジアムで連覇を決めてほしい」「そして、今年こそ日本一」とセールに来てもらった人たちの気持ちも一緒に、鳥栖から熱いエールを送ろうとしている。

 また、緒方監督の鳥栖高時代の恩師でもある故平野國隆さんが前社長を務めた「ヒラノスポーツ」(平野吉隆代表)もリーグ優勝決定の翌日から2日間、鳥栖、基山、みやきの3店舗で優勝記念セールを行い、店内の商品(一部商品を除く)を25%引きする。

このエントリーをはてなブックマークに追加