コンテストで前輪を点検するドライバー(右)=鳥栖市の南鳥栖自動車学院

 運転技能や整備技術の向上を目的にした第40回県トラックドライバーコンテストが19日、鳥栖市酒井西町の南鳥栖自動車学院であった。大型車部門は肥前通運鹿島営業所の上野安尋さんが優勝、ほかの3部門の優勝者と共に10月21日から茨城県ひたちなか市で開かれる全国大会に出場する。

 県トラック協会主催で、県内にある運送関連の22事業所から30人が参加した。大型車(11トン)、普通車(4トン)、トレーラー、女性の4部門で、学科と実技の総合得点で競った。

 実技審査ではきびきびとした動作で大きな声を出して両前輪の取り付け状況、損傷の有無などを点検後、トラックに乗車。コースを10分で走行し、運転態度や発進、停止などの操作について審査を受けた。

 大型車以外の部門優勝者は次の通り(敬称略)。

 普通車 長高之(九州センコーロジ)▽トレーラー 馬場教文(日本通運佐賀支店)▽女性 工藤琴乃(ミヤハラ物流)

このエントリーをはてなブックマークに追加