講演会への参加を呼び掛ける佐賀県難病相談支援センターの三原睦子所長

 佐賀県難病相談支援センターは27日午後1時半から、佐賀市神野東2丁目の同センターで、医療講演会を開く。患者家族や医療関係者、難病に関心がある人などを対象に参加を呼び掛けている。

 講演会は、難病の新しい治療法など最新の医療情報に触れる機会にしてもらおうと、年に5~6回開催。今回は佐賀大医学部の末岡榮三朗教授が「難病対策におけるカウンセリングの大切さ」の演題で講演し、質疑応答もある。

 入場無料だが、事前申し込みが必要。定員40人で締め切りは25日。申し込み、問い合わせは同センター、電話0952(97)9632。

このエントリーをはてなブックマークに追加