東日本大震災の被災地を傷つける発言をした今村雅弘復興相は26日、辞表提出のために訪れた首相官邸で、硬い表情を崩さなかった。対応に追われる復興庁職員らは「どうしようもない」「自爆行為」とあきれ、大臣交代の引き継ぎ事務に当たった。【共同】

 今村氏は、東京電力福島第1原発事故の自主避難者を巡る記者会見での発言で、厳しい批判を浴びたばかり。ある復興庁幹部は「今回は党のパーティーでの発言だから、役人としては防ぎようがない。大臣でなく政治家としての自爆行為だった」と突き放した。

 別の同庁幹部は「発言は被災地全体を敵に回す内容。それでどうやって復興を支えられるのか。正直に言って、もうどうしようもない」とあきれた様子。「新大臣は被災地へのおわび行脚からスタートする。それでも地元から理解を得られるかは疑問だ」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加