幸福実現党佐賀県本部は24日、自衛隊新型輸送機オスプレイの佐賀空港への早期配備と、北朝鮮のミサイル発射に備えた避難訓練の実施を求める陳情書を山口祥義知事と県議会議長宛てに提出した。

 県本部の吉川克寿代表は「オスプレイは抑止力になる。世界情勢が緊迫しているため、県民の意識改革に努めてほしい」と訴えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加