事務所開きで、出馬の決意を語る秀島氏=佐賀市の後援会事務所

 10月8日告示、15日投開票の佐賀市長選に立候補を表明している現職の秀島敏行氏(75)=3期、本庄=は18日、同市本庄に後援会事務所を開いた。山口祥義知事のほか、自民、民進両党の県選出国会議員も出席、支持者約300人(主催者発表)が集まった。

 秀島氏は「4期を目指すと聞いて、あぜんとした人もいたと思います」と切り出し、「決意したのは佐賀空港の自衛隊利用とバイオマス関係。配備計画に賛成、反対を言ったことはない。地域の一体感を崩したくない」と決意を述べた。

 政策集も発表し、3千人の雇用確保や認可保育園の待機児童ゼロなどを掲げた。市長選には、秀島氏のほかに出馬を表明している人はいない。

このエントリーをはてなブックマークに追加