鳥栖-大宮 前半、ドリブルで攻める鳥栖MF河野=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 FC東京から加入したMF河野がスタメン出場を果たした。チームに合流して2週間足らずだが、状況に応じた位置取りとパスワークを披露し、「今できることはしっかりできた」と、デビュー戦を振り返った。

 河野にとってフィッカデンティ監督は恩人だ。指揮官がFC東京を率いた2014、15年は公式戦68試合に出場。それ以前の2年間は出場機会に恵まれておらず、「大事なことを教えてくれた監督ともう一度やりたいと思った」と、移籍を決めた理由を語る。

 「練習を重ねてコンディションとコンビネーションを上げていきたい」と河野。チーム浮上の鍵となる新たなピースが加わった。

このエントリーをはてなブックマークに追加