裏のスペースに入る素早さが光るFW趙東建(チョ・ドンゴン)=鳥栖市の北部グラウンド

■韓国出身 瞬時に裏のスペースへ

 韓国の水原三星ブルーウィングスから加入した。瞬時のスピードを生かした、裏のスペースに入り込む素早さが光るFWは「チームが優勝できるように最善を尽くしたい」と闘志を燃やす。

 韓国出身の30歳。小学4年生でサッカーと出合い、2008年にKリーグ・城南一和天馬に入団した。11年まで在籍し、10年にはアジアチャンピオンズリーグ決勝のピッチに立ち、アジア制覇の瞬間を味わった。「今でも全ての面で財産、経験値として生きている」という。

 初めての韓国以外のチームへの移籍で、DF金敏〓(火ヘンに赫)(キム・ミンヒョク)の存在が心強いという。「すごく楽だし、日本に適応する上で助けになる」

 今季の鳥栖FW陣には、U-18からトップ昇格した田川から大黒柱の豊田まで多彩な顔ぶれがそろった。「ゴールを奪って自分の強みをアピールし、競争に勝っていく」と熾烈(しれつ)なポジション争いに割って入るつもりだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加