佐賀県議会の原子力安全対策等特別委員会(竹内和教委員長、11人)は23日、理事会を開き、3月15日に玄海原発(東松浦郡玄海町)を視察することを決めた。特別委の視察は3年ぶり。

 新規制基準に合わせて九州電力が安全対策を施した設備などを見て回る。16日は執行部へ質疑する。2月上旬に国や九電から玄海原発再稼働に関する説明を受けたため、参考人招致はしない。竹内委員長は「質疑の前に、委員としてきちんと現地を見ておきたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加