第38回大麻旗争奪剣道大会高校生大会男子の部で優勝した敬徳=県総合体育館

 第38回大麻旗争奪剣道大会(県剣道連盟・佐賀新聞社主催)は19日、佐賀市の県総合体育館で高校生大会の決勝までがあり、男子は敬徳が初優勝した。女子は筑紫台(福岡)が2年連続6度目の頂点に立った。 

 10年ぶりの佐賀県勢対決となった男子決勝は、敬徳が前回覇者の龍谷を2-1で下した。男子の三養基と女子の白石も3位入賞した。

 閉会式では、県剣道連盟の寺崎邦朗副会長兼理事長や佐賀新聞社の峰松洋史営業局事業部長らが上位チームに賞状やメダルを贈った。20日は中学生大会がある。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加