市民約1400人が一緒に汗を流した=神埼市中央公園グラウンド

■市民1400人、さわやかな汗

 佐賀県神埼市の合併10周年を記念した「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操」が17日午前6時半から、神埼市中央公園グラウンドであった。NHKラジオ第一で生放送される中、市民約1400人が一緒に汗を流した。

 放送前、松本茂幸市長は「きょうは天気でよかった。ラジオ体操が契機となり、皆さんが健康体操などを取り入れ、元気な人や明るい人が多い神埼になれば」とあいさつした。

 市健康増進課は、幼児から高齢者まで健やかに安心して暮らせるように、健康状態に合った適度な運動を広め、健康寿命を伸ばす事業も展開している。

 市は、ラジカセとラジオ体操のCDを希望する自治会へ配布。西九州大と連携し、正しいラジオ体操や健康ストレッチの講習会も実施している。

このエントリーをはてなブックマークに追加