まだまだ寒い日が続きますが、野鳥たちの世界にはもう春がやってきています。

 巣作りを始めたばかりのカササギのつがいを見かけました。落ちている枝を拾って集めてきてはせっせと巣を作っています。カササギの巣はボール形をしていてかなり大きいので、遠くからでも目立ちます。

 あんなに大きい巣を作るには、たくさんの枝が必要です。枝をくわえて飛んでいるカササギを見かけると「頑張れ、頑張れ」と応援したくなります。

 春はもうすぐそこです。(日本野鳥の会佐賀県支部事務局長 中村さやか)

このエントリーをはてなブックマークに追加