福富小の横田一磨教諭も交えてピアノ連弾を披露する大嶋有加里さん(手前)と木内佳苗さん(中央)=白石町の福富小学校

 クラシック曲を中心にピアノ連弾を全国で演奏するプロ奏者「デュエットゥ かなえ&ゆかり」の2人が22日、白石町の福富小学校を訪れた。25日に白石町で開くコンサートを前に、子どもたちにピアノ連弾の楽しさや幅広い表現力を伝えた。

 木内佳苗さんと大嶋有加里さんが訪れた。「天国と地獄」「運命」など子どもたちにもなじみ深いクラシック曲をはじめ、鍵盤ハーモニカも使ったモンティの「チャールダーシュ」、同校の教諭も奏者に加えた「ミッキーマウスマーチ」などを5年生に披露した。

 5歳の頃、発表会で大嶋さんの演奏を聴いた木内さんが「あの子と同じ教室に通いたい」と母親にねだったのが2人の出会い。一時期、左手の薬指が動かなくなった大嶋さんを木内さんが誘って連弾を始めたことなどのエピソードも紹介した。白石町をイメージして木内さんが作曲したワルツも演奏し、子どもたちに曲名を考えてもらった。

 2人の訪問は町文化振興財団などが企画し、24日までに町内5小学校を訪れる。コンサートは25日午後6時半から同町のふれあい郷自有館ホールで。入場料は2千円(高校生以下半額、シニアは500円引き)。当日券は各300円増。問い合わせは同館、0954(65)3366。

このエントリーをはてなブックマークに追加