村上春樹さんの新作小説「騎士団長殺し」を展示する書店員=23日夜、東京都千代田区の三省堂書店神保町本店

 世界的な人気作家、村上春樹さん(68)の新刊小説「騎士団長殺し」(全2巻)が24日、発売された。長編小説は「色彩を持たない多崎(たざき)つくると、彼の巡礼の年」以来、4年ぶり。複数巻にまたがる長編は、2009~10年に出版された「1Q84」以来で、7年ぶりとなる。

 版元の新潮社は発売前に重版を決め、発行部数は「第1部 顕(あらわ)れるイデア編」が70万部、「第2部 遷(うつ)ろうメタファー編」は60万部の計130万部。

 東京都渋谷区の代官山蔦屋書店では24日午前0時の発売開始を前に、ファンが集まった。川崎市の会社員田中耕平さん(30)は「村上さんの作品は常に現実とファンタジーが入り乱れる。新作は、本人が奇妙な物語だと言っていたようなので、どれほど奇妙なのか楽しみ」。千葉市の会社員新垣菜摘さん(33)は「一秒でも早く手に入れたかった。発売後すぐに読めるのはすごく幸せ」と興奮した面持ちで語った。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加