■最後に議場退出、感慨無量 平成26(2014)年11月21日、いよいよその日になった。衆議院解散の日である。午前10時、党本部で九州代議士会、九州の比例代表について協議した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加