男子準決勝・龍谷-三養基 主将としてチームを引っ張った三養基の三浦拓斗(右)=県総合体育館

 準決勝は龍谷に2-0で敗れたものの、準々決勝で強豪・東福岡を下した三養基が3位に輝いた。

 初戦から厳しい試合の連続だった。3回戦は関西学院(兵庫)と代表戦にもつれ、11分の激闘の末、副将・西山宗志郎がメンを決めた。続く4回戦も福工大附属城東(福岡)に本数勝ち。いずれも辛勝だったが、この粘りが準々決勝で生きた。

 0-1で迎えた次鋒戦。主将の三浦拓斗が「自分で取り返して中堅に良い流れを」と一本勝ちで盛り返し、西山が勝利を決めた。三浦は「一本一本が勝ちにつながった」と試合を振り返った。

 ただ「準決勝に進めたのは収穫だが、試合内容を見ると九州・全国で戦えるチームではない」と綾部友洋監督は厳しかった。「試合中の声が出ていない」と指摘し、「試合の組み立て方、迫力、技の完成度を上げていく」と全国を見据えていた。

このエントリーをはてなブックマークに追加