【きょうの催し】

 特別展「1867年パリ万博と佐賀藩の挑戦」(11月12日まで、佐賀市城内の県立佐賀城本丸歴史館)

 【巡回車】

 16日

 ◆胃がん・子宮がん・乳がん・大腸がん・肺がん検診 8時=佐賀市・成人病予防センター事業所(予約制)▽8時45分=唐津市保健センター(予約制、子宮がん・乳がん検診は13時開始)

 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

 【譲ります】

 ☆その他 農機具一式。神埼市、電話080(2720)7788=9~17時まで、横尾

 【誕生おめでとう】

 【佐賀市】

 大島瑞葵(晃太・茜、女=川副町)

 【鳥栖市】

 室屋太玖(利成・有美、男=幸津町)

 【鹿島市】

 田中咲奈(崚・梓、女=本城)▽田中結奈(崚・梓、女=本城)▽永松希萌(晋・智美、女=八宿)▽井上楓絆(貴好・美紀、男=七開)▽池田啓人(哲哉・奈津実、男=新方)▽塘結翔(大輔・しのぶ、男=末光)

 【告知板】

 ◆歩いて学ぶ糖尿病ウオークラリーin唐津

 (10月22日9時半、唐津市ふるさと会館アルピノ集合)糖尿病患者とその家族、健康に関心のある人なら誰でも参加できるウオーキングイベント。曳山展示場や唐津城など旧城下町の風情を感じながら約7キロを歩く。県糖尿病協会、佐賀糖尿病療養指導士会、ノボノルディスクファーマ共催。参加無料。15時解散予定。雨天決行。申し込みは10月10日まで。問い合わせは事務局(佐賀大医学部内)、電話0952(34)2546(平日9~16時)。

 ◆「読み語りボランティア養成講座」生徒募集

 (11月26日14~16時、佐賀市の市立図書館2階多目的ホール)紙芝居を使った読み語りのスキルアップ講座。子どもの本専門店「エルマーレ」代表の前園敦子さんを講師に迎え、絵本と紙芝居の違いから舞台の重要性、演じ方まで学ぶ。参加無料。対象は、地域や学校、保育園などで読み語りの活動をしている人や関心のある人で、先着40人程度。申し込みは10月30日までで、所定の申込用紙を持参、郵送、ファクスで送る。問い合わせは主催の佐賀市立図書館、電話0952(40)0001。

 【LIVE】

 ◆フルノイズ復活ライブ

 (24日19時、唐津市二タ子のリキハウス)1980年代初め、「モッズ」や「ロッカーズ」が人気を呼ぶ「めんたいロック」シーンで、レゲエ、パンク、ブルースなど、多彩な音楽性に裏打ちされた活動を続けた伝説のロックバンド「FULL NOISE(フルノイズ)」が復活、来演する。前売り2500円(当日3000円、ワンドリンク付き)。電話0955(73)7142。

 【展覧会】

 ◆第15回シニア世代 匠の技展

 (22日まで、江北町山口のギャラリーちゅうりっぷのうた)敬老の日に合わせ、江北町在住のシニア世代の人たちによる趣味の作品展。写真、絵画、書、川柳、陶芸、紙工芸など約70点が並ぶ。問い合わせは同ギャラリー、電話0952(86)4520。

 ◆吉永サダム作陶展

 (24日まで、佐賀市のぎゃらりぃT)伊万里市の作陶家吉永さんの個展。コーヒーカップなど日用食器を中心に約100点を展示する。電話0952(62)3760。

 ◆「文字に込められた秘密 其之二」展

 (10月1日まで、小城市小城町の中林梧竹記念館)中林梧竹の文字造形に着目したテーマ展の第2弾。同館収蔵品の中から行書、草書作品約30点を並べ、「伸長」「傾き・重心」「偏と旁(つくり)の関係」などの項目別に見どころを紹介する。入場料は一般200円、大学生以下無料。電話0952(71)1132。

 【講演会】

 ◆川上義幸氏講演会

 (16日13時半、佐賀市大和町のさが水り館)「佐賀の水問題に市民総出で向き合う」をテーマに、佐賀市水対策市民会議会長の川上氏が、河川浄化市民運動の考え方や具体的手法などについて語る。参加無料、定員50人。申し込みは同館、電話0952(62)1277。

 【近県】

 ◆土谷棚田の火祭り

 (17日15時、長崎県松浦市福島町の土谷棚田周辺)「日本の棚田百選」に選ばれた美しい景観を約3000個の灯籠で幻想的に照らす。17時40分から点火式を行い、カウントダウン後、ペットボトルで作った灯籠のろうそくに火をともす。希望者は参加費1000円(棚田米1キロ付き)で点火することもできる(当日受付で先着50人)。15時から民謡や舞踊などの発表のほか、俵投げ大会(参加費500円)も行われる。近くには駐車場がなく、総合運動公園近くからシャトルバスの利用を。問い合わせは松浦市役所福島支所産業振興係、電話0955(47)3111。

このエントリーをはてなブックマークに追加