ナチュラルライフ通信

 暑い暑いと思っていても、いつの間にか涼しい風が吹き始めて、日も短くなっていきます。自然農では、野菜の成長もゆっくりゆっくり。夏の暑いころにやっと思うように収量が増えてきたなぁと考えていると、もう次の秋冬野菜の準備が始まり、1年があっという間に感じられます。

 9月と10月は、冬の農閑期の分までしっかりと野菜の準備をしなければいけません。根もののニンジンやダイコンは降ろせるだけたくさん種を降ろします。白菜や葉物の苗も、育てては定植と次々に、何度も繰り返します。ジャガイモもこの前掘ったと思ったら、また土に埋める作業です。

 そうやって忙しく働いているうちに、足元は色とりどりの野菜の緑と、秋の小さな野の花でカラフルな光景が広がります。植物たちも命を全うすべく美しく輝いています。(地域リポーター・一ノ瀬文子=鹿島市)

このエントリーをはてなブックマークに追加