七夕飾りをつくり、みんなで「たなばたさま」を歌う北方幼稚園の園児たち=武雄市のJR北方駅

 武雄市の北方幼稚園の園児12人が23日、JR北方駅に七夕飾りを飾った。7月8日ごろまで、かわいい願いと色とりどりの飾りが無人駅を彩る。

 「ひぐまになりたい」「まぐろがつりたい」「おりがみがじょうずになりますように」などの願い事を書いた短冊や、金や銀の折り紙の飾りを園や家で作り、駅でササに飾り付けた。元気に「たなばたさま」も歌った。

 子どもたちは、坂口勉園長から「電車に乗る人たちが大喜びします」と聞いて笑顔を見せ、福光辰浩JR武雄温泉駅駅長からノートとシャボン玉セットをもらって喜んでいた。

このエントリーをはてなブックマークに追加