バランスを取りながら慎重に走行する出場者=佐賀市の大和勤労者体育センター

 小学生が自転車の知識や技術を競う「交通安全子供自転車佐賀県大会」が24日、佐賀市の大和勤労者体育センターであった。県内15地区の代表など16校が出場し、鳥栖小が2連覇を果たした。

 雨のため、屋外で行う安全走行テストを取りやめ、交通ルールなどを問う学科と技能走行テストが行われた。

 1チーム4人編成。技能走行では、狭い道を25秒以上かけて通過する「遅のり」やS字カーブ、ピンを倒さないように走る「ジグザグ走行」など六つのコースに挑戦。縄ばしごを敷いたでこぼこ道では、バランスを崩さないように真剣な表情で走行した。

 大会は県交通安全協会や県警などの共催。優勝した鳥栖小は8月9日に東京で開かれる全国大会に出場する。

 他の成績は次の通り。(敬称略)

 【団体】(2)基里小(鳥栖市)(3)七浦小(鹿島市)(4)玉島小(唐津市)(5)三田川小(神埼市)

 【個人】(1)宮原孜瑠(鳥栖小)(2)権藤沙也乃(基里小)(3)桑原孝明(鳥栖小)(4)山下こはる(同)(5)横尾翼(同)

このエントリーをはてなブックマークに追加