樋口久俊市長(左)から感謝状を受け取る岡田電機の栗田博昭代表取締役=鹿島市役所

 鹿島市に本社を構える岡田電機(栗田博昭代表取締役)が、老朽化していた鹿島市役所庁舎の駐車場構内の照明灯を新しく取り付けた。24日に同市役所で贈呈式があり、栗田代表取締役から樋口久俊市長に目録が手渡され、鹿島市から岡田電機に感謝状が授与された。

 新しく設置される前の照明灯は、庁舎が落成された1979年のもの。老朽化が進んでいた照明灯を見た岡田代表取締役が「市民のために何か役に立つことをしたい」と思い立ち、同社の創業70周年事業の一環として工事に着手した。

 寄贈したのは柱4基でLED照明灯8灯。今月6日に工事が始まり、約1週間で完了した。贈呈式では樋口市長が「煌々(こうこう)と照らしてくれる。いいものを造ってもらった」と感謝。岡田代表取締役は「今後も余裕があるときに寄付させてもらえれば」とあいさつした。

このエントリーをはてなブックマークに追加