フォトクラブ若楠写真展 個性の光る作品楽しんで

 フォトクラブ若楠(福井繁会長)の会員による写真展が佐賀市立図書館2階ギャラリーで開かれている。カメラ歴10年以上のベテラン会員ら20人の力作がそろう。18日まで。

 車体に映る花などを撮影した「幻影」や、砂浜の砂鉄と白い砂のコントラストが映える「海辺のキャンバス」など、約60点が並ぶ。福井会長(76)は「テーマをそれぞれ選んだため、被写体が面白く個性の光る作品が多い。ぜひ楽しんで」と来場を呼び掛ける。

 来場した古賀和美さん(46)は「いろいろな被写体を撮影していて面白かった。久々にカメラをもって街並みを歩きたいな」と話していた。

 開場時間は午前10時から午後5時まで(最終日は午後3時まで)。

このエントリーをはてなブックマークに追加