梅雨前線の影響により、九州で24日、激しい雨が降った。気象庁は、西日本では26日にかけて大雨となる恐れがあるとして、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に警戒するよう呼び掛けた。

 気象庁によると、鹿児島県薩摩川内市の八重山で24日、観測史上最多となる1時間に80・0ミリの猛烈な雨を観測した。長崎、宮崎県内でも40ミリ以上の激しい雨が降った所があった。この大雨の影響で九州新幹線は鹿児島中央-川内の上下線で運転を見合わせた。

 九州から伊豆諸島付近に延びる梅雨前線は今後、ゆっくりと北上、26日にかけて九州から東日本の太平洋沿岸部で停滞する見込み。

 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、西日本では大気の状態が非常に不安定になるという。

 25日夕までの24時間予想雨量は、いずれも多い所で、九州南部、四国、近畿で200ミリ、九州北部で180ミリ。気象庁は26日も雨量の多い状態は続くとみている。【共同】

■佐賀市で66・5ミリ

 佐賀地方気象台によると、24日は県内全域で雨が降り、嬉野市では1時間に31・5ミリの激しい雨に見舞われた。降り始めからの雨量(同日午後7時現在)は伊万里市で68・5ミリ、佐賀市66・5ミリ、鳥栖市62・5ミリを記録した。25日は明け方から朝にかけて1時間に30ミリ前後の激しい雨が降る恐れがある。同気象台は「地盤が緩んでいることが考えられるので、土砂災害に警戒を」と呼びかけている。

このエントリーをはてなブックマークに追加