佐賀県農業技術防除センターは14日、収穫前の稲を枯らす病害虫「トビイロウンカ」が大量発生する恐れがあるとして警報を発表した。警報は2013年以来で、平成に入って2度目。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加