第38回大麻旗争奪剣道大会中学生女子の部で優勝した神埼中=県総合体育館

 第38回大麻旗争奪剣道大会(県剣道連盟・佐賀新聞社主催)は20日、佐賀市の県総合体育館で中学生大会があり、県勢は女子の神埼中(神埼市)が決勝で三瀬中A(佐賀市)を2-1で下して22年ぶり3度目の優勝を飾った。

 女子は桜武舘(小城市)も初の3位入賞。男子は洗心道場A(愛知)が5年ぶり3度目の栄冠をつかみ、北方中A(武雄市)が県勢男子で唯一8強入りした。

 閉会式では、県剣道連盟の井上正一郎会長や県剣道道場連盟の宮崎清副会長らが上位チームに賞状やメダルを手渡した。

 最終日の21日は小学生大会が行われる。

※佐賀新聞電子版(http://www.saga-s.co.jp/viewer/plan.html)に複数写真

このエントリーをはてなブックマークに追加