佐賀県杵島郡大町町議会は14日、宗教法人が町内に所有する施設建設予定地を購入するための関連予算を盛り込んだ一般会計補正予算案を可決した。町は売買の仮契約を結び、10月初旬に臨時議会で議決を経て購入する。

 購入する土地は、同町畑ケ田地区の山林・原野約3万1千平方メートル。広島県に本部を持つ宗教法人「平等大慧会だいえかい」が2011年に取得し、施設を建設する意向を示していた。地元住民が建設を阻止するため、町に買い取りを要望していた。

 関連予算は用地購入費8千万円と造成費などを調べるための土地利用調査委託費1500万円。町によると購入金額は7500万円で、利用調査の結果をみて企業誘致用地など活用の方法を考える。

このエントリーをはてなブックマークに追加