■濱田真由(佐賀市川副町)は29日に試合

 テコンドーの世界選手権は24日、韓国の茂朱で開幕し、女子46キロ級で松井優茄(東京都協会)は1、2回戦を勝って進んだ3回戦でインドネシア選手に敗れた。男子54キロ級の松井隆太(東京都協会)は2回戦で韓国選手に屈した。

 大会は30日まで行われ、日本勢は男子6人、女子5人がエントリーしている。2015年大会で日本勢として初優勝し、リオデジャネイロ五輪に日本勢でただ1人出場した女子57キロ級の濱田真由(佐賀市川副町、ミキハウス)は29日に登場する。【共同】

このエントリーをはてなブックマークに追加